行ってみたい!料理教室

料理の道に進みたい!調理人になりたい!なら『料理学校』。料理が苦手で少しは料理ができるようになりたい!なら『料理教室』もっと料理のレパートリーを増やしたい。この場合も『料理教室』になります。かつては料理教室に通うのは花嫁修業のひとつでしたが、花嫁修業として料理教室に通う女性よりも最近はもっともっと美味しいものを追求したい!という女性が料理教室に通うことが多いように感じます。料理教室は主婦にも人気があります。「今日のご飯は何にしよう。」と悩む主婦が多いからこそ、3分間クッキングや昼間のテレビ番組の間にクッキングコーナーがあります。番組をみて「これ作ってみようかな~」とアイデアを主婦は求めています。

料理といってもとてもジャンルが広いので、一般的な家庭料理を教えてもらる料理教室では基本中の基本から教えてくれます。包丁の使い方に調理器具の使い方。もちろん味の基本になる出汁の取り方も教えてくれます。料理ができないことが恥ずかしい・・なんて思っても大丈夫です。基本から教えてくれる料理教室に行けばそこはみんな初心者の集まり。だいたいの教室では少人数制をとっているので、ちょっと分からないな~と思ったときでもすぐに講師に教えてもらうことができます。

料理にとても興味があって海外へ飛び出す方もいます。人気が高いのが『ル・コルドン・ブルー』です。料理菓子の専門学校で元はフランス・パリですが、今では世界中にその教室は広がっています。びっくりすることに、『ル・コルドン・ブルー』のパリで初めて学んだ日本人は1905年に海を渡ってパリに渡っています。

外食に出かけても「フレンチ」「中華」「イタリアン」「和食」「ギリシャ料理」「ロシア料理」「スペイン料理」などワールドワイドな食事をいただくことができますが、和食でも本格的な会席もあれば「おふくろの味」の家庭料理もあります。「イタリアン」もパスタ専門店・ピザ専門店・カジュアルイタリアン・本格イタリアン・北イタリア・南イタリアなどなど、ざっくり「イタリアン」とまとめてしまう方が難しく思えるほどです。

サロンのような教室

料理教室もいろいろな特徴を打ち出しています。講師が出張して教えてくれる出張レッスンに、簡単に出てきてしまう家庭料理を教えてくれるところ。

家庭でもできる中華料理もあります。あの大きな中華鍋がなくても、おいしく本格的な中華を教えてくれる料理教室。男前の男性が教えてくれるイタリアンの料理教室もあってそこは空き待ちという盛況ぶり。なんでも料理を作った後にメニューと合うワインの紹介があって最後はたのしく食事とワインを楽しめるとなっていて大人気です。

元モー娘の保田圭さんが結婚した相手もイタリアンのお店を展開しているイケメンシェフですね。イタリアンのお店だけではなく、料理教室もしていると聞くとどんな料理教室なのか気になりますが、日本イタリア料理教室協会認定校でもあります。こちらも少人数のイタリア料理教室。テーマは「家庭でも作れる本格イタリアン」で高級食材もつかいながらも身近な食材も使っての本格イタリアン。そして料理に合わせたイタリアワインの紹介もあるので、お店で食べるのもいいけど家でも本格的なイタリアンが作ってみたい!という女性にはうってつけの料理教室です。

テーブルコーディネイトと一緒に料理を学べる教室もとても人気があります。日本人こころ「お・も・て・な・し」をテーマにおもてなし料理とあわせるテーブルコーディネイト。お客さまをお招きする時に、なにをお出しすればいいんだろう・・。どんな料理?どんなことをすればいいの??と不安になってしまいますが、こんな教室に何回か通ううちに、お客さまを自宅へお招きするのが楽しみになるかも?!しれません。

大阪の料理教室

大阪の『ル・シノワ』も料理教室です。講師の播賢知(ばんさとし)さんはテレビの料理番組でも活躍していらっしゃいますが、アットホームな雰囲気で初心者でも楽しめる料理教室としてとても人気があります。『CLASSY』にも取り上げられたことがある中国料理店も出していらっしゃいました。中国料理というと大皿がどーんと出てきて円卓を囲みながら、それぞれ取り分けるのが中国料理のスタイル。飲み物はビールや紹興酒。

『ル・シノワ』の播さんが出していた中国料理は、フレンチのように洋皿でひとりひとりにサービスされる中国料理。一緒にいただく飲み物はワイン。時代を先取りしていたんですね~ 中国料理が専門ですが和食・洋食・中華・お菓子までカバーした欲張りなレッスンを受けることができるので、レパートリーが少ないな~と思ってるならお勧めの教室です。

講師の播さんは辻調理師学校でも働いていていらっしゃいました。入社してすぐはアシスタントとしてある材料を元にしてまかない料理を作る。という料理のプロにまかない料理をつくるという緊張感溢れる日々の中で、料理の腕をどんどん磨きながらアシスタントを経て辻調理師学校で講師として活躍されていました。

辻クッキングは『料理の東大』と言われるほどの調理の学校で、『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』『チューボーですよ!』『アイアンシェフ』などの番組にも協力しています。今日は中華のメニューの時には、辻調の中華の講師が登場してイタリアンの時にはイタリアンの講師が登場したりと、辻調グループは調理師はもちろんのことパティシエを育成する料理学校として、フランスの『ル・コルトン・ブルー』アメリカの『カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ』と並ぶ、世界的にも有名な料理学校です。

辻調理師学校で教壇に立っていた播さんが教えてくれる料理教室『ル・シノワ』さんなので、今さら恥ずかしくて聞けない・・と思っても料理の基本からしっかり教えてもらえます。なんでも基本が大事ですから。

料理教室ってどんなレッスンの流れなんだう~って思いますよね?!そこで『ル・シノワ』さんのレッスンの流れを紹介します♪

料理教室レッスンの流れ

調理の説明(1時間)・・・調理するものによって使う調理器具も違ってきます。そして切り方もちがってきます。こんな切り方の説明や作り方の説明。そして料理のポイントとなる点などをキチンと聞いておきましょう!けっこう自己流の切り方をしていませんか?!コツと正しいポイントを知ることで料理が出来上がったときの見栄えが全然違ってきます。

調理の実施(1時間)・・・それぞれ各自で調理に入ります。講師が手元をチェックしていきます。初心者だから・・と心配無用です。

試食タイム(30分)・・・調理の復習はもちろんのこと、どんな所がポイントだったのかを確認しましょう。そして料理に関連する行事や料理の話など、普段知ることがあまりないことをいろいろお話を聞くことができます。

後片付け(20分)・・・料理をしたら片付ける。当たり前のことですけどとても大事なことですよね。使用した調理器具や食器を綺麗に片付けて終了です。

楽しい習い事

友人と参加するのも楽しいですが、料理教室はひとりで参加して新しいお友達作りにも楽しい場になります。お料理は作ったあとにお楽しみ試食会もあるので、食べるという楽しみもあります。最近は男性のみの「男の料理教室」も大人気。男性の料理教室はもちろん男性のみの参加しかダメです。男性が料理できないのが当たり前なんて時代ではありせん。速水もこみちの料理番組は女性ファンが毎日楽しみにしているほど。

料理男子が増えていっているだけに、料理をしない女性が増えてももちろんOKですが最低限の料理ぐらいはできるようにしておきたいもの。なにも料理ができないからダメ女子とかではありません。イケメンの講師に習う楽しみとして習い事に料理教室を選んだり、料理のあとのお酒が楽しみで選んでもいいでしょ。習い事を始めるには、まず一歩。習い事から友達作りをしたい~。という動機で始める人も多いですよ。

意外なところでは、芸人の三瓶さんは食べるのが大好きな芸人さんですが調理師免許を持っています。にしおかすみこも調理免許をもっている芸人さん。女優の水野真紀さんも調理師免許を持っています。水野真紀さんは趣味はお菓子作りですが、調理に興味をもったキッカケは短大時代に料理研究家の「おもてなし教室」に通ったことが調理に興味を持ったキッカケだと話しています。もっと学びたい!というところからイギリスの『ル・コルトン・ブルー』に1年間留学して、さらに服部栄養専門学校で1年間学んで調理師免許を取ったそうです。料理に関連したレシピ本も執筆していますし、コラムなどでもお菓子のことなどよく登場しているので本当にお菓子を作ることが楽しいんだな。と感じます。料理が少しでも上手そうに見えることで、女子力が上がります。料理マジックとでもいいましょうか。それは女性だけではなく、男性の魅力もアップする不思議なパワーを秘めているのが料理かもしれませんね。

メジャーリーガーになった田中選手の奥さん、里田まいさんはかつてのキャラはおバカキャラでした。元々料理が得意ではなかった里田まいさんが、マー君のために作る愛妻弁当と食事はものすごい!と評判になりました。プロ野球選手の妻ということで、スポーツのための栄養学も学んでなんでもジュニア・アスリートフードマイスターの資格もとったとか?!いつもノートを持ち歩いて、レシピや食事のタイミングそして食事がもたらす効果をびっちりとメモして、マー君をサポートしています。

料理のレベルもびっくりするほどレベルが高く、1汁6菜の食事を用意しています。マー君も絶賛する腕前で結婚してから食生活がガラリと変わった!!何を食べても本当に美味しい!とまで褒めちぎるほど、いつも美味しい食事を食卓へ準備しているなんて里田さん凄すぎですね。とてもじゃないですが、25歳まで料理らしい料理をしていなかった。という人には思えません。料理に関するミスは全てやった。というほど最初はミスばかりだったとは思えず、あっという間にメキメキ料理の腕を上げていったんですね。

1年間に実際にしたお稽古ランキング

  • 第1位・・・英語
  • 第2位・・・ヨガ
  • 第3位・・・家庭料理
  • 第4位・・・フィットネスクラブ
  • 第5位・・・簿記
  • 第6位・・・医療(医療事務や看護など)
  • 第6位・・・お菓子
  • 第8位・・・エクセル
  • 第9位・・・パン
  • 第10位・・・ファイナンシャルプランナー

こんな結果になっています。第1位の「英語」は不動の人気がある習い事ですが、家庭料理は毎年必ず上位にランキングするほど人気の高いお稽古なんでよ~!家庭料理が?!と思うかもしれませんが、「家庭料理」だからこそのランキングなんですよね。毎日食べるものだから、ちゃんと習っておきたい。レパートリーを増やしたい。料理を楽しく学びたい。と大人気なんですね~ 「パン」に「お菓子」も人気なので『ル・シノワ』さんのようにデザートまでカバーしてくれる料理教室だとお得感がありますね!

料理教室は人気の習い事